中古自動車の買取専業店に見立てを頼んだはいいけどローンが完済できていないなんてこともあるかもしれないですね。こうした場合ですと、買取りしてほしい使用した自動車の権利があなた自身なのか他人なのかどうか先に見ておくことが必要となります。

実際のところ、持ち主についてはどの部分を確認すると把握できるのかというと、「自動車検査証」に記載のある氏名が中古の車の名義の人という訳です。

今のマイカーを買う際に銀行等が提供するローンを契約した場合は、こちらの車検証に記載されているお名前がご自分の氏名になっていますが、そのローンを組まれたのが信販会社などの際ですと氏名がそちらの名前になっている訳です。信販会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこんな形で信販系の会社を所有者として記載しているかと言えば、その答えは返済が滞納された場合に、速攻でそのおクルマを差し押さえて確保するためです。

そんな事情で持ち主名義がクレジット会社となっている場合はそちらのおクルマを自分の都合で売ることは出来ません。それでも売り払いたいなら先ずは返済を完全に返済するか分割払いの組み替えをすることで名義人をご自身に変更した上で売り払うことが必要です。とはいっても実際問題そういった手続きができるのはその時点で持っている資産がとても多い時に限られます。それじゃあキャッシュがあまりない場合はどうすることがよろしいのでしょうか。

そうした際は評定をしてくれたu-car買取店に事情を話すと、不要車の買取金額から残った支払い分を完済させ、所有者を貴方自身のお名前にチェンジして貰うことが出来るという訳です。手続きも完全に買い取り専門店に任せられるので安心です。