愛車の買取り業者に見積もりをオーダーしたはいいけど残債を残したままである場合もあり得ますよね。このような場合は、買い取って欲しい中古車の所有者がアナタ自身なのかそれ以外の人なのかどうかについてとにもかくにもチェックすることが求められます。

本当のところ、所有者についてどこを見たら分かるのかと言えば、「自動車検査証」に記載されている氏名の方が車の持ち主となります。

自動車を買うときに銀行等が提供する割賦払いを設定された時には、この車検証に記載のある氏名が自分のお名前となっている訳ですが、割賦払いを組んだのが信販系の会社だった場合だと名前がローン会社の名前となるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合何故このようにその会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、その理由は返済が滞ったりしたら、すぐにくるまを差し押さえして確保するためです。

こうした理由で所有権がクレジット会社にある際はそのくるまを自分の都合で売ることは出来ないのです。とにかく売却したいならまず返済をすべて完済するか分割払いの組み替えをすることで所有者をご自身の氏名に変えた上で売り払うことが必要です。とはいっても実際にそういったことが可能なのが今お手持ちのお金が豊富にある場合に限定されます。それでは資金が無いのであればどのようにしたら望ましいでしょう。

そんな時には査定を行ってくれた中古車買い取り専門店に相談すれば、自動車の買値から残った返済分をキレイにし、持ち主をご本人のお名前に変更してもらうことが出来るという訳です。手続きについても全てを買取ショップに任せられるので問題ないです。