使った自動車を売却したい時の方法には買取りや下取りなどの方法が用意されています。下取は次のマイカーを購入した際には、これまでの自分のクルマを引き取って頂けるものです。その車が乗ることが可能な状態だったら値段がつくのですが、とんでもなく古いものであった際には反対に処分のためのお金を下さいと言われる場合もなくはないでしょう。

下取は専門店がおこなうという事ではない訳ですから、希望するような値段での引受けは厳しいですが、おニューの愛車と交換のような形で乗り換えをできる良い面があります。一方買い取りはといえば、それを専業としている不要車買い取りの専門店に頼んで買取をしてもらうといったものです。そのやり取りが分かりづらいなどのデメリットがあるのですが、買取された自分のくるまについては使用していた自動車ということで流通するのがもともと決まっている訳ですから、わりかし高値買受が期待できるでしょう。

下取、買取どちらでも手続きの際はいろいろな書類をあらかじめ用意することが必要となるでしょう。その必要書類としては、車検証の原本と自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。他にも実印や印鑑証明と、住民票といったものも必要となります。

譲渡の時には委任状や譲渡証明書も使用するかと思いますが、それらに関しては買い取りの専業店で用意してくれるはずです。売渡を望んでいるこちらとしては、車検証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票および印鑑証明書が用意すべきものになります。審査の時もそれらに関しては見られるため、紛失の際はまた発行してもらう必要があります。

仮に無くしたケースでも診断だけをしていただくことはオーケーですが、すぐに売渡は出来ないため審査の金額にデメリットが生じる可能性もあります。