使用済みの自動車を処分したい時における手続きには下取りと買取りの方法が在ります。下取りといえば次の自分のくるまを入手した時点で、これ迄の中古車について引き取って頂けるものです。コチラはドライブが問題ない状況だったとしたら買値が付くのですが、度を超えて古すぎる車であった際には逆に廃車にする費用を必要とされる場合もあるでしょう。

下取は専門業者がおこなうという事ではないので、高値放出は難しいと思いますが、次のマイカーと交換で乗り換えを可能という良い面があります。他方買取はといえば、専門で行っているユーズドカー買取専業店に頼んで引き受けてもらうといったものです。時期が難しいなどの短所もあるのですが、買い取りをされた愛車に関しては使用した自動車として出回るのがもともと決まっている訳ですので、比較的高プライスでの売渡が望めると思います。

どちらの場合でも契約の際は色々と書類をあらかじめ準備することが求められます。その必要書類としては、車検証や自動車税の納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。また印鑑証明と実印や、住民票等も必要です。

売渡のときには譲渡証明書や委任状なども使うかと思いますが、それらに関しては買取専業店が用意してくれるでしょう。譲渡をお願いしたいこちら側としては、車検証、自動車税納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印および印鑑証明書を準備しておきましょう。査定の際もこれらについてはチェックされるので、失くした場合にはまた発行してもらうことが必要でしょう。

万一無くした場合でも査定そのものはしていただくことはできるのですが、その場ですぐの売却はおこなえないので査定価格に何か影響が出るでしょう。