自動車を売り払う時における方法は下取、または買取の手順が在ります。下取りというのは次の自家用車をゲットしたと同時に、それまで所有車について引き取ってくれるものです。その中古車が運転ができる状態であればプライスが望めますが、古いクルマだった時だと逆に処分費用を要求されることも考えられます。

下取りは専業店が買い取りをするという訳じゃないですから、希望金額での引受けは厳しいかと思いますが、おニューの車と交換のような形で乗り換えを可能であるといった良い面があります。その一方買取の場合は、それ専門の不要車買い取りの専門店に依頼して引き取っていただくといったものです。そのタイミングが難しいなどの良くない点もあるわけですが、引受けされたクルマというのは使っていた車として市場で取引されることがそもそも前提ですので、比較的希望金額での買受が望めるでしょう。

買取りにしても下取りにしても契約のさいには必要となる書類を前もって揃えておく必要があります。必要書類としては車検証の原本や自動車税の納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。更に実印や印鑑証明書、住民票等も必要です。

売却のさいには委任状や譲渡証明書も使うのですが、そのへんは買取専門ショップにて用意してくれるはずです。買い取りをお願いしたい方としては、自動車検査証、納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、住民票と実印更に印鑑証明書が用意すべきものになります。査定時にもそれらに関しては確認されるので、紛失のケースでは再度発行していただく必要があるのです。

もし仮に無くした際でも値踏みだけをして頂くことは可能ですが、即売却は行えないので査定価格に悪い影響が生じます。