自動車を処分する場合における手続きには下取、または買取のやり方があります。下取りといえばおニューの中古車を手に入れたと同時に、古い自分のくるまのことを買い上げてくれるものです。その自動車が乗ることが差し障りないクルマであればプライスがつきますが、あまりにも中古な時だと廃車にする費用を求められる場合もあるでしょう。

下取は専門業者がおこなうとはならないので、希望するような価格での買い取りはムリだと思いますが、新しい中古車と交換のような形で乗り換えすることが可能であるという長所があります。一方買取りは、専門で行っている車買取り業者にお願いして買い取りをしていただくといったものです。その時期が分かりづらいなどの良くない点もあるのですが、引取りされた愛車に関しては使用した自動車として出回るのがもとから大前提ですので、思ったより希望するような値段での譲渡が望めます。

下取、買取どちらであっても売却のときには色々と書類をあらかじめそろえておくことが必要です。どんなものが必要かといえば、車検証や車の納税証明、自賠責保険証およびリサイクル券といったものとなります。さらに印鑑証明と実印、住民票なども必要です。

引受けの場合には譲渡証明や委任状等も必要となるのですが、それらに関しては買取り業者が用意してくれるでしょう。譲渡を頼むコチラとしては、自動車検査証、自動車税納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印と住民票更に印鑑証明書を用意しておきましょう。査定の時にもこれらが確認されるので、紛失の時はまた発行することが必要となります。

もしも無くても見立てそのものだけをしていただくことは出来るのですが、その場で即買い取りはおこなえないので評価額に何か影響が出るでしょう。