古い自動車を売り払いたい場合における方法には下取や買取といったやり方が用意されています。下取りといえば次の中古車をゲットした時には、これ迄の自動車について引き受けてくれるものです。それが乗車ができる車であれば価格が付くわけですが、度を超えて古いものであった時には反対に処分費用を下さいと言われる事だってあり得ます。

下取の場合は専門店が行うという事ではない訳ですから、望んだ金額での売却は厳しいでしょうけど、次のクルマと取り替えるような形で乗り換えができる長所があります。一方買い取りですと、専業のくるま買い取り専門店に頼んで買い取りしてもらうものです。そのタイミングが分かりづらいなどの短所もありますが、買取されたおクルマというのはユースドカーとして市場で取引されることがもとから決まっていますから、想像していたより希望金額での買取りが期待できると思います。

買取、下取どちらも引き渡す場合には必要な書類を先に用意することが求められます。必要書類の種類には車検証と自動車税納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券となります。そして印鑑証明と実印、住民票といったものも必要となります。

買い取りのときには委任状や譲渡証明も使用すると思いますが、これらについては買取ショップで用意してくれるはずです。買取りを依頼する方としては、自動車検査証、自動車税納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、実印と住民票および印鑑証明書を用意しておきましょう。審査の時もこれらに関しては確認されるので、無くしたときはまた発行する必要があるのです。

仮になくしたケースでも品定めそのものだけをしてもらうことはオーケーですが、すぐに買取りはしていただけないので見積金額に何か影響が出るでしょう。