古くなった自分のくるまの売却をお願いしたときは、まずはじめに審査を受けることとなります。その審査に関しては買い取り専門店の人がおこなうわけですが、自動車マーケットの価格などから算出されることとなります。

一般的にユーズドカーとして売りに出されているプライスの2~3割ほどが買取額とされているようですが、評判のくるまであったり、希少価値のある車であったりする時には高い買取額が出るケースもあります。また、製造年が新しい方が高い金額となります。ただし、そのような買取額は自動車がパーフェクトな状態の場合であり、万全ではないときには値踏みは厳しくなります。その中でも修復歴などは買取価格に大きく響きます。

事故歴というのも定義はあいまいですが、とりあえずお車の骨組みであるフレームの方にまで駄目になっているような事故を経験したくるまは事故車という事となります。そのような事故歴のあるくるまはそののちなにか悪い影響が出現する危うさがありますので、査定に於いては駄目なものとなります。ですが、フレームの部分にまで影響しておらず、外装を修理した程度なら無問題ですが、しかし事故歴は付くことになります。

もちろん修理歴としては付きますのでマイナスの影響があるのですが、事故車に比べ低い見積となることはございません。それと、エンジンや変速機などに面倒が発生している場合にもマイナスに鑑定されますし、いつもの整備の良し悪しが買取金額に影響してきます。

この辺は私たちには気づかない所ですが、値踏みをおこなっている買い取りの専業店はきっちりそのあたりも見てくるでしょう。

どちらにせよ修理歴は無いという事がお車見積価格を上げることができるかどうかの条件となってきます。