中古車買い取りのお店に値踏みをして頂いたのはいいけど、ローンを完済していないということもあり得ます。このような場合は、買い取って欲しいお車の所有者がご自身であるのか、誰か別な方なのかどうか始めに見ておくことが必要となります。

実際のところ、持ち主に関して何を見れば分かるのかと言えば、車検証に書かれている氏名の方がクルマの所有権者ということになります。

車を買った時点で銀行系のローンを組まれた場合は、こちらの「車検証」に書かれている名前がご自身のお名前となってるはずですが、自動車ローンを設定されたのが信販系の会社だったケースではお名前がローン会社の名前となるはずです。信販会社で割賦契約を組む場合何故このような形で信販系の会社を所有者として記載するのかというと、その答えは返済が滞納されたときに、すぐに愛車を担保として確保できるようにするためです。

そんな理由から所有権がクレジット会社となっている時にはその愛車を自分の好きに売却することは無理なことです。何が何でも売り払いたいならまず残債を完全に終わりにするか分割払いの設定し直しをすることで所有権をご自身に変更した後で売り払う必要性が出てきます。ですが、現実問題そうした手続きが可能なのは今お手持ちのキャッシュが余りある場合に限定されます。であるならば、資金があまりない方はどんなやり方をするのがよろしいのでしょうか。

そうした場合は、値踏みを行ってくれた中古車買取り業者に相談すると、クルマの買取価格から残りの支払い分を支払し、オーナーを自分のお名前に変えて貰うことができるというワケです。手続きの方も全部買い取りのお店にオマカセ可能ですから大丈夫です。