使用した自動車の買い取りのお店に見立てをしてもらったのはいいけれど、支払いを払いきれていないなどといったケースもあるでしょう。このような場合は、その売却予定の使用した車の名義が自分自身なのか他の方であるのかをともあれ確認する必要性があるのです。

実際に、オーナーが誰なのかはどのあたりを見ていけばいいのかと言えば、自動車検査証に記入された氏名がその中古自動車の名義の人となるのです。

今の愛車を購入した際に銀行等が提供する自動車ローンを組んだケースでは、この「自動車検査証」に記載のある名前が自分の氏名になっていますが、分割払いを契約したのがクレジット会社であった場合はお名前がそちらの記載となっています。信販系で分割払いを組む場合どうしてこのような形で信販系の会社を名義人として登録してるのかと言えば、その理由としては月の払いがストップしても、スグにそのおクルマを担保として確保できるようにするためです。

このような理由によって所有名義がクレジット会社となっている場合はそのくるまを好きなように売ってしまう事は出来ません。とにかく売ってしまいたいならとりあえず返済を残らず終わりにするか支払いローンの組み替えをして所有者をご自分に変更した後で売却をすることが必要です。さりとて現実問題そういった手続きが可能なのはその時の持っている現金がたくさんあるケースに限られてしまいます。だったら資産があまりない場合はどんなやり方をするのが良いのでしょうか。

こんな場合は、査定を行ってくださった使用済みの車買い取りのお店に相談すれば、ユースドカーの売却の金額から残りの返済分を返済し、名義をアナタのお名前に変更して貰うことができるという訳です。手続きも完全に買取専業店に任せられるので心配いりません。