使った車の買い取り専門店に見積りをして頂いたものの、割賦払いを払いきれていないなどの事も無くはないでしょう。こうした際は、その売りたい使った自動車の所有がご本人であるのか他の人なのかどうかについて取りあえずチェックすることが必要です。

本当のところ、所有者が誰かについて何を見ていけば把握できるのかといえば、「自動車検査証」に書き込まれている名前の方が使用した自動車の所有者という事であります。

車を入手したときに銀行などのローンを組まれたのであれば、こちらの「自動車検査証」に記載されている氏名がご自身のお名前となっていますが、割賦払いを設定されたのがクレジット系の会社などの場合ですとお名前がローン会社の名前になる筈です。クレジット会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこういった形でその会社を所有者として記載するのかというと、その答えは月賦が滞ったりしたら、スグにお車を担保という形で確保するためです。

そうした事情から所有権がローン会社にある場合はそちらの車を自分の好きに売却は無理なことです。とにかく売り払いたいならまずは残債をすべて終了させるか分割払いの組み替えをすることで名義を貴方の名前に変えた上で売る必要性が出てきます。そうとはいえ現実にこういったことができるのは今現在お手持ちのキャッシュが沢山あるケースに限られます。だとしたら現金が無いのであればどうしたら良いのでしょうか。

こういった場合は、審査額をして頂いたu-car買取専業店に話してもらえると、クルマの買い取りの値段から残った支払い分をまかない、名義人を自分自身の名義に変えてもらうことが出来ます。手続きに関しても全部買取り業者に任せることができますので大丈夫です。