使っていた車を売り渡す際の手段には下取と買取がございますよね。下取りの場合というのは次の自動車を買うと一緒に前の中古車を買上げていただくというものです。大抵販売店が引き受けをするのでプライスとしてはやや低く見られる場合が多いです。

もう一方の買取の方はおクルマ買い取り専門ショップが行なっていて、中古の自動車という名目で売ることを予定して引き取りの額を決めるので、結構高めの引き受けが期待できます。どっちにしても使用した自動車を売る事であり、その前に買い上げ価格を決めるための審査額が行われることとなります。

品評を依頼する際に気に掛かるのがリサイクル料です。中古自動車の格づけで出される額というのは中古車それ自体の額、自分のくるまのについてくるリサイクル料や自賠責保険といったものを加えた値段の二つの種類が有ります。リサイクル料は使用済みの自動車を入手したさい、若しくは「リサイクル料」が払われてなかったときには車検の場合に支払いとなるもので、この先u-carを廃車として壊してしまう際に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルする為の費用ということで使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分する時にJARSから支払されることになります。

その時の代金は大体、軽自動車なら8000円程、国産車の場合で約1万円、外車の場合約1万5千円、それ以外で2万円位をいれる必要があります。たいがいのu-car買上げの場合、これらの「リサイクル料」を使っていた車の買上げ価格とは別ということで引き取りされるという事になるんですが、リサイクルの料金を入れて買取りプライスとなってるケースもあり、引取りをお願いする場合まえもってチェックしておくのが肝心です。