ユーズドカーを売りわたす際の進め方としては買取と下取りの2つが存在しますよね。下取りの場合というのはおニューの愛車を入手する際に今迄乗っていた不要車を買上して頂くというものです。ほとんどは販売店が引取りをすることになるため値段はどっちかといえば低くなることが多いです。

逆に買い取りの方は車買取専業店がおこなっていて、ユーズドカーとして売る事を前提として買取り金額を決定するので、わりと高値での買上げが期待できるでしょう。何れにしてもユースドカーを引き受けてもらうことであり、売却をする前に買い取り価格を決めるための品定めが行われます。

審査額をして頂くさいに気に掛かるのはリサイクル料となります。使った車の審査額で提示される価格としてはマイカーそれ自体の額、自動車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料など含めた金額の2つの種類がございます。リサイクル料は中古車を買った際、またはリサイクル料が未納の場合ですと車検を通したさいに支払いとなるもので、この先使った自動車を廃車にして解体処分するさいに必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどなどリサイクルする時の料金という名目で使用されます。リサイクル料は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、壊してしまう際に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その際の費用はだいたい、軽自動車であれば8千円くらい、国産車で1万円くらい、外車等であれば約1万5千円、それとは別に2万円程度を入れる必要性がございます。たいがいの使用ずみの自動車買い受けであれば、そうしたリサイクル料金を使った車の引き受け値段とは別として引き取られるというようなこととなりますが、リサイクル代金を含めて引き受け金額であるという場合もあり、引取りを頼む際に先に確認しておくのが大切です。