古くなったくるま買い取りをお願いした際には、まず値踏みを受けることになります。鑑定に関しては買取専業店の方がすることとなり、中古車市場の値段等から計算されるものとなります。

普通は中古のくるまとして販売されている金額の20~30%くらいが買取金額と言われていますが、好評なくるまであったり、希少価値のある車であるなどの場合には高い査定が出るといったケースもあります。他にも、年式が新しければ新しいほど高く売れます。ただ、そうした買取の値段はそのお車がパーフェクトな状態の時であって、そうじゃないときは低く見積もられます。中でも特に修復歴等は見積もりにとても影響してきます。

事故歴というのも定義は曖昧ですが、基本的には自動車の本体であるフレームにまで影響しているような事故をしてしまったお車は事故車という事となります。この修復歴のあるクルマはその後なんらかの負の影響現れるという危うさが有りますので、買取り価格に於いては短所とされてしまいます。その一方、フレームの方には影響がなく、ボディを手直ししたぐらいであれば大丈夫なのですが、ですが修理歴はつきます。

勿論、修理歴としては付く訳ですからデメリットの影響は有るものですが、事故車に比べて低く値踏みされることは考えられません。他にも、エンジン等に面倒が発生している場合もマイナスに鑑定されますし、普段のメンテナンスの状態が見積もりに関係してきます。

この辺りは我々には気づかない所ですが、鑑定をおこなっている買い取りの専業店の方ではきっちりと状態をチェックしてきます。

いずれにしても修復歴が無いことが車買取額をアップできるかどうかの条件となります。