中古車を処分したい場合における方法は下取りと買取りの手順がございます。下取に関しては、次の自分のクルマを買ったと同時に、それまでマイカーについて買い取っていただくものです。そのくるまが乗ることが差し障りない自動車だったとすれば買値が期待できますが、異常に古いくるまだった際には反対に廃車にする費用を求められるケースもないわけではないです。

下取してもらう場合は専門のお店が買い取るという事じゃないので、望むような値段での買取は厳しいですが、新しいおクルマと交換で乗り換えを可能といういい点があります。その一方買い取りはといえば、専門の中古車買い取り専門店に頼んで引受けして頂くものです。その際のタイミングが分かりづらいなどの短所も存在しますが、引受けされた中古車は使っていた車として市場で取引されることが大前提ですので、思っていたよりも高値譲渡が望めると思います。

買取にしても下取にしても譲渡の際は色々と書類を先にそろえておく必要があります。必要書類としては車検証の原本とくるまの納税証明書、自賠責保険証およびリサイクル券が挙げられます。加えて実印や印鑑証明、住民票といったものも必要となります。

譲渡の場合には譲渡証明書や委任状なども使うかと思いますが、それらに関しては買い取りの専門店で準備してくれるはずです。売却を依頼する側としては、車検証、自動車税納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、住民票と実印更に印鑑証明を用意しておきましょう。鑑定の時もこれらを見られるので、紛失しているときはもう一度発行することが必要でしょう。

たとえ失くしたケースでも評定だけをしてもらうことは出来ますが、すぐに売却はしていただけないため見積額に良くない影響が出る可能性があります。