使用済みの自動車を売る際における方法としては買取り、または下取といった手続きがございます。下取はおニューのクルマを購入した時点で、今迄の自分のクルマのことを引き受けていただくというものです。その中古車がドライブが可能なクルマだとすれば買値が付くのですが、異様なほど古すぎるケースですと逆に廃車にするためのコストを下さいと言われる時もあると思っておいた方がいいでしょう。

下取は専業店が買取りする訳ではないので、希望するような価格での買取は期待できませんが、新しい愛車と取り替えるような形で乗り換えすることが可能といった良い面があります。逆に買取はといえば、専門で行っている中古車買取専門ショップに依頼して買受けをして頂くといったものです。やり取りがややこしいといったデメリットが有るのですが、引き受けられたクルマは使用していた車という事で流通されるのが前提ですので、結構望むような値段での買受が望めると思います。

下取であっても買取であっても契約の場合には必要書類をまず準備することが求められます。どのようなものが必要なのかというと自動車検査証、くるまの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券があります。加えて印鑑証明や実印、住民票等も必要です。

買取りの場合には譲渡証明書や委任状も必要となりますが、そのあたりは買い取り専門店にて準備してくれるでしょう。売渡をお願いしたいこちら側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、住民票と実印そして印鑑証明が用意すべきものになります。審査の時にもこれらに関しては見られるので、紛失のケースだとまた発行していただく事になります。

無くした際でも審査そのものは受けることが不可能ではないですが、即日買受は出来ないので評価額に悪い影響が生じるかもしれません。