古い車の買い取りや下取りの際には、なにはともあれ査定をすることでしょう。この場合の査定とは、ユーザーから下取・買取時にまともな見立てをするための作業であり、それにはたくさんの人から認識され、さらに受け入れられた手順をしないとダメなのです。ですが、消費者側からすれば、審査がどんな感じでおこなわれてるのかはっきりとは存じてなかったり、適正な進め方でやられているかは案外認識することが出来ないケースがほとんどです。そうだとしても見積の方はお車の価格を決める決め手となる過程な訳なので、考えややり方に色々なものがあると社会がパニックとなる要因ともなるのです。

このような混乱を生じさせないためにも日本自動車査定協会という機関があり、「中古自動車査定制度」を取り決めしているのです。

日本自動車査定協会とは、適正な鑑定が浸透するように活動している団体であり、消費者が安心して鑑定に出せて、更に喜べるようなシステム作りの行いをしています。

中身としては、例を出すとちゃんとした査定士を育てるためにテストを実施しており、査定協会が行っている学科及び技能研修というものを受けて、そののち査定士技能検定試験という試験に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が与えられます。そして査定士として活動するためには協会への登録をしなければならなくなり、まともな知識や責務をもってユーザーの所有車の審査をします。言い換えると適正な見積もりを行う為の資格を持つ方が値踏みをやりますので、私たちも安心して下取りや買取に愛車を提出することができるのです。