自家用車を処分したいケースにおいての方法は買取りや下取りなどの手続きがあります。下取に関しては、おニューのマイカーを入手した時点で、それまでクルマを引き取って頂けるものです。その時点で走ることが可能な中古車であるなら値段がつくわけですが、古すぎるものだった時には廃車にする費用を請求される場合もあるでしょう。

下取は専門店が買い取るという事ではないので、望むような価格での買取は期待できませんが、次の自動車と入れ違いで乗り換えを可能といういい面があります。他方買取ですと、専門でおこなっている中古車買取ショップに頼んで買取をしてもらうものです。そのやり取りが分かりづらいなどの短所もあるのですが、引き取られた自動車はユーズドカーとなって市場に出回ることが元々大前提ですので、想像以上に望んだ金額での引受けが期待できるでしょう。

買取、下取どちらのケースでも売り払う時はいろいろな書類を先に準備しておく必要があります。その必要書類ですが、車検証の原本や納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券となります。ほかに実印や印鑑証明と、住民票等も必要です。

買い取りの場合には譲渡証明や委任状も使用するかと思いますが、それらについては買取専業店が用意してくれるはずです。売渡を希望するこちらとしては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、リサイクル券と自賠責保険証、実印、住民票そして印鑑証明を準備しておきましょう。値踏みの時もそれらが見られるため、無くしたさいは再度発行してもらうことが必要でしょう。

無くした際でも値踏みそのものは受けることはOKですが、その場で即引取りは出来ないので審査の金額に良くない影響が出る可能性があります。