古い車の買い取りや下取りの時には、最初に査定をやります。査定イコール、お客さんから買い取りや下取りの際にフェアな見立てをするための下調べであり、そのためにはいろいろな方から納得され、その上了解された進め方じゃないとダメなのです。ですが、ユーザー側からしますと、査定がどんな感じで実施されているのかきちんと認識していなかったり、キチンとした仕方で実施されているのかはどうにも確認することが出来ないものですよね。そうはいっても値踏みというのはお車の価値を決定するとっても重要なプロセスである為、やり方や考えにさまざまなものがあると社会が混乱する要因にもなってしまいます。

そんなカオスを起こさないようにするため「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を制定しているのです。

「日本自動車査定協会」は、厳正な審査が拡大するように取り組んでいる機関であり、我々が安堵して鑑定に出せて、しかも喜べるような結果となるシステムを構築する務めをしています。

具体的な中身としては、例を出すとしっかりした査定士を育てるために資格試験を行っており、査定協会が行っている学科及びスキル研修を受けてもらい、そして査定士技能検定試験に合格することである一定の技能を持つ査定士としての資格が与えてもらえます。さらに査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、健全な心得や義務を以てしてお客さんの愛車の審査をおこないます。つまり適正な査定を出すための資格を保有する人が評価をしますので、消費者も悩まずに買い取りや下取りに車を出すことが出来るというわけです。