中古の車の下取りや買取の際には、なにはともあれ査定をすることでしょう。査定とは、ユーザーから下取や買取の時に冷静な審査をするための工程であり、それにはいろいろな方から理解され、さらに承諾された進め方でないと良くないのです。なのですが、客側からしますと、鑑定がどんな感じで実施されているのか正確には把握していなかったり、キチンとしたやり方で実施されているのかはどうにも知ることが出来ないケースがほとんどです。そうはいっても見積の方はマイカーのバリューを決めるめちゃくちゃ大事な過程である為、やり方や考えに色々なものがあると社会がパニックとなる原因にもなる可能性があります。

そのようなパニックを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」という呼称の機関があり、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

日本自動車査定協会というのは、適切な審査が根を下ろすように務めている機関であり、ユーザーが安堵して車を審査に提出でき、そして満足できる結果になるようなシステムを構築する行いをしています。

具体的な内容的には、例を挙げるとしっかりした査定士を輩出する為の試験を実施しており、査定協会がおこなっている学科と実技の研修というものを受けて、その後「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを保有する査定士としての資格が受け取れます。その上で査定士として活躍するのには協会への登録をしなければならなくなり、きちんとした心得や規律をもって我々のくるまの評価をしていきます。言い換えると適正な見積もりを行う為の資格を持つ方が査定を実施しますので、消費者も安堵して下取りや買取に持っていくことが可能となるのです。