古い車を買い取って貰う経路は、最近までは販売店が行う下取、または中古車ショップへの引き渡しが一般的でした。付き合いの長い自動車販売会社に下取を依頼し、新しい車を手に入れるという人がそれまではまあまあいましたが、今現在その方法をするお客さんは少ないです。下取られるのが、最も低価格になりがちなことが広く知られてしまったことと、オークションへ参入するという新しい方式が浸透し始めたからです。

古い車だけの「Auction」があり、中古自動車の販売業者や販売店もそこで入手をしている訳です。通常は行くことはムリですが、代行のお店を利用し、普通のお客さんだとしても愛車を「オークション」で売ることが出来るようになりました。なお、もう片方のやり方である古い車専門ショップへの引き渡しでは、まずは車を鑑定して頂き、望みの値段を示してもらえたなら商談成立となります。

中古自動車専門店は、こうやって買取したくるまをオーバーホールして自分の店で売却したり、競売に出してみたりします。どんな方法を行うのかは人それぞれですが、何れを目標にしているかにより一番いい方法というのは変わります。なんでもいいから少しでも高い金額で買い取って欲しい、という話であれば、競売代行業者に要請するのが最高に高値で売れる可能性が高いです。しかし安心して売却したい、信用できる専門店に売却して、愛着をもって使用してくれる人に販売してほしいというなら新車販売店やユーズドカー専門ショップの方が間違いないでしょう。

代行業者に頼んだら、売れるまで保管の料金を考慮しなくてはならないので、売却に時間が必要な状態ならそれだけ大変になる恐れがあります。中古自動車販売店なら次のユーザーが現れる前にお金をもらうことが可能であるといういい点があります。