クルマの買い取りや下取りの際には、間違いなく査定を行います。査定イコール、消費者から買い取りや下取りする時に冷静な評価を下す為の手続きであり、それをするためにはいろんな方たちから容認され、プラス合意された仕方でないと良くありません。ですが、消費者側からすると、見積がどんな具合に実施されているのかきちんと確認できてなかったり、フェアな段取りで実施されているのかはなかなか知ることが出来ないものですよね。そうだとしても査定と申しますのはお車の値打ちを決断する大事な工程ですので、方法や考えにさまざまなものがあると世間がパニックとなる要因ともなる可能性があります。

そうしたパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、「中古自動車査定制度」を用意してる訳です。

日本自動車査定協会というのは、しっかりとした鑑定が行き渡るように務めている機関のことで、消費者が無事に値踏みに提出でき、加えて納得できる制度を構築する行いをしています。

活動の内容は、例えばまっとうな査定士を増やす為の資格試験を実行しており、査定協会が行っている学科やスキル研修というものを受けて、そして査定士技能検定試験という試験に成功することである一定の技能を持つ査定士としての資格が付与されます。その上で査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、健全な知識や責務をもって我々の車の評定をしていきます。つまり適正な査定を出すための資格を有している者が鑑定をしますので、ユーザーもリラックスして買い取りや下取りに愛車を提出することが出来るわけなのです。