ユーズドカーを売る際の手続きというと買い取り、そして下取りというのが有ります。下取のケースというのはおニューのマイカーを手に入れる際、前の自分の車のを買受してもらうというものです。主として新車のディーラーが引き取りをおこなうので買い取り金額はわりと低目になることが多いです。

一方で買取りのほうはユースドカー買取専門ショップがやっており、ユーズドカーという名目で店頭に出すことを前提に引取りの値段を決定するので、わりと高値での引受けが期待できます。何れにしても自動車を売る事であり、引き受けてもらう前に買取金額を決めるための鑑定が行われます。

審査をして頂く時気に掛かるのがリサイクル料です。クルマ見積もりで出される金額としてはユースドカーそれ自体の価格、お車についてくるリサイクル料とか自賠責保険などを含んだプライスの二種類が存在します。リサイクル料はクルマを購入したさい、又は「リサイクル料」が未納だった場合ですと車検を受けた場合に支払いとなるもので、後に所有車を廃車として壊してしまう際に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルするときの料金という名目で使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることとなり、解体する場合JARSから支払されることになります。

コストは大体、軽自動車であれば8000円くらい、国産車であれば1万円ほど、外国製自動車等であれば1.5万円くらい、それとは別に2万円程度をいれる必要性があったりもします。大概の車買取であれば、そういったリサイクル料をユーズドカーの買い取り値段とは他のものとして買い取りされるという事になるのですが、リサイクルの料金を含んで買い取り価格としているケースもあり、引き取りを希望する時にはあらかじめ確認しておくのが大事です。