車の買い取りや下取りの時には最初に査定をしてもらうかと思います。

査定イコール消費者から下取・買取時にちゃんとした鑑定をするための手続きであり、それを行うためにはたくさんの人から認識されプラス了解された手続きをしないと良くないのです。ただ、こちら側からしたら値踏みがどんなふうに行われているのか具体的に知らなかったり、キチンとした段取りで作業されているのかはなかなか分かっておくことができなかったりもするものです。

そうだとしても審査というものはその車の額面を決断する非常に大切な方法である為、考え方やその方法にさまざまなものがあると世間のパニックの要因ともなってしまうわけです。このようなカオスを生じさせないためにも日本自動車査定協会という名の機関が設立され、「中古自動車査定制度」を制定しているのです。

日本自動車査定協会という機関はキチンとした審査が浸透するように機能している協会であり、我々が信頼して見積に提出でき、更に満足のいくシステム作りの務めをしています。活動内容としては、例を挙げるとまっとうな査定士を育てるためにテストを実施しており、査定協会が実行している学科や技法の研修を受け、そののち「査定士技能検定試験」に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。更に査定士として活躍するのには教会へ登録することが必要となり、きちんとした知識や決まり事をもって私たちのくるまの鑑定を行います。

言い換えると適正な査定を行う為の資格を保有する方が鑑定をおこないますので、消費者も安心して買取とか下取に持っていくことが出来るというわけです。