中古車を手放したいケースでのやり方としては下取りと買取りの種類が用意されています。下取は新しい自分の車を買った場合には、これ迄乗っていたくるまを買い取っていただくというものです。そのくるまが走ることが差し障りない状態だとしたら価格が付くのですが、とてつもなく古すぎるものであった際には処分のためのお金を求められることもあり得ます。

下取の場合は専門店が買取りするという事ではない訳ですから、高い金額での買取は期待できませんが、おニューの車と取り替えるような感じで乗り換えを可能であるといういい点があります。一方で買取はといえば、それ専業のユーズドカー買い取りの専門店にお願いして引受けをしてもらうものです。その時期がややこしいなどのよくない点もありますが、買取をされたクルマは中古自動車として出回るのがもとから決まっている訳ですので、思ったより望むような価格での売渡が期待できます。

買取、下取どちらのケースでも売り払う場合にはいろいろ書類を前もって用意することが求められます。どういったものが必要なのかというと、自動車検査証やクルマの納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証といったものとなります。そして実印や印鑑証明書、住民票なども必要です。

引受けのさいには譲渡証明や委任状も必要書類になりますが、これらは買い取りの専門店が用意してくれるはずです。売却を望むこちら側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明、自賠責保険証、リサイクル券、実印、住民票更に印鑑証明書を準備しておきましょう。査定時にもこれらに関してはチェックが入るため、紛失の際には再発行して頂くことが求められます。

たとえ無くした際でも見積もりだけを受けることが出来るのですが、その場で引受けは行えないため見積額に悪影響が出ることとなるでしょう。