マイカーを売り払うケースでの方法としては買取りや下取り等の手順が存在します。下取に関しては、新しい自分の車を入手した時には、それまで自動車を引き受けていただけるものです。まだ乗車が可能なくるまだったとしたら買値が望めますが、中古なケースでは廃車費用を必要とされる場合もなくはないでしょう。

下取りは専門のお店が行う訳ではないので、希望金額での買取はムリだと思いますが、新しいお車と入れ違いで乗り換えが可能だという良い面があります。一方で買取はというと、それ専門のくるま買取り業者に依頼して買い取りをして頂くといったものです。手続きが難しいといったよくない点もあるのですが、買取されたマイカーは中古自動車として流通するのがもとから大前提ですから、思った以上に希望するような価格での売渡が望めると思います。

下取、買取どちらのケースでも契約の際は色々書類をまず用意することが必要となるでしょう。必要書類としては車検証や自動車税納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券といったものとなります。そして印鑑証明と実印、住民票等も必要です。

譲渡の時には委任状や譲渡証明も必要となるのですが、これらは買い取りの専業店で準備してくれます。譲渡をお願いしたいコチラ側としては、車検証、自動車税の納税証明、リサイクル券、自賠責保険証、住民票と実印更に印鑑証明を用意しておきましょう。査定の時にもそれらが確認されるので、紛失している際には再度発行する必要がございます。

たとえ紛失の場合でも審査だけは受けることは出来ますが、即日売渡はおこなえないので鑑定額に何か影響が出ることになるでしょう。