愛車の買い取りや下取りの時には間違いなく査定をしてもらうかと思います。査定とはユーザーから下取・買取時に正当な審査をするための工程であり、それをするためにはいろんな方たちから肯定され尚且つ了解された手続きでないと良くないのです。

ただ、ユーザー側から見るのであれば審査がどんな感じで行われているのか具体的に認識していなかったり、正当な手続きで調査されているのかはどうしても認識することが出来ないものですよね。

とはいえ、鑑定自体が中古車の値打ちを決定する重要な方法なので、考えや方法にさまざまなものがあると社会がパニックとなる原因にもなる可能性があります。

このようなパニックを生じさせないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を取り決めしているのです。「日本自動車査定協会」は適正な鑑定が行われるように活動している団体であり、ユーザーが安堵して鑑定に出せて、しかも満足のいく結果となるシステム作りの活動をしています。

中身としては、例を出すとまっとうな査定士を育むための資格試験をおこなっており、査定協会がおこなっている学科と技能研修を受けてもらい、そののち査定士技能検定試験に受かることで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えられます。そして査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、まともな知識や義務でもって私たちの車の品定めをします。

要は適正な査定を出すための資格を保持している人間が値踏みをおこないますので、消費者も不安な思いをせずに買い取りまたは下取に出すことが可能となるのです。