愛車の売買契約時は、まず最初にクルマの審査をします。車種と年式とで、基本となる標準状態のプライスの全容を把握します。これと比較しその上を行くほど状況がマイナスなら、金額を少なくするなどの手順でやられていきます。

一定レベルでの値段のことについては中古車ショップの方で基準となる数値を保有しています。これはショップ間のみで見られるもので、その金額はその型式や年式から示されています。とはいっても、あくまでこの額面は基準の数値であり、それ以上でも以下でもございません。さらに、その金額よりも高額で買取を行ったりそれとも安い金額で買い受けされたりすることすらどうしてもあるわけです。

店側の立場に立ってみるとなるだけ低価格で買い受けたいわけですから、業者にもよりますが基本的な買い受けできる額を出したうえで、もっと低価格な方に話を持っていこうとします。売る側からすればわずかでも高値で手放したいので、このケースではしたたかに話題を進めていくのがキーポイントとなります。あるいは、買取について価格が譲り合えなかった時などは繰り延べし、そちらで話を止めておきます。そのあとほかのお店と話し合いを進行させるのです。

ここで仮にプライス的に今まで以上に高値となりうなずけるものだったら、先の店舗とのやり取りはダメになっても気にしなくて良いです。言ってしまえば、売り手が不満がないように話を進めていけばいいという事なのです。最もしてほしくないのは、焦ってプライスを決断してしまって、あとから悔やむことです。売却額はなんといっても強気で押し出していく方が後で悔やまないでしょう。