マイカーを売却したい際における方法としては下取、または買取の手順が有ります。下取に関しては、次のクルマを買った際には、前乗っていた自家用車を引き受けて頂けるものです。それがドライブが出来る車だったとすれば価格が付くのですが、とんでもなく古いクルマだった場合ですと逆に廃車費用を必要とされる事だってあり得ます。

下取してもらう場合は専門店が引き取るわけじゃないので、希望するような値段での放出は難しいと思いますが、おニューのお車と取り替えるような形で乗り換えが可能という良い点があります。一方買い取りは、それ専門の自動車買い取りの専門店にお願いして引き受けてもらうといったものです。時期がややこしいなどのデメリットがあるのですが、引受けされたマイカーはユースドカーとなって流通されるのがそもそも前提ですので、思った以上に希望するような値段での引取りが望めると思います。

下取、買取どちらであっても譲渡のさいにはいろいろと書類をまず用意しておく必要があります。どんなものが必要かといえば、車検証とクルマの納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券というものです。また印鑑証明や実印、住民票等も必要です。

引受けの時は譲渡証明書や委任状等も必要となるのですが、それらに関しては買い取りの専門店にて準備してくれるでしょう。引受けを希望するこちらとしては、車検証、自動車税納税証明、自賠責保険証とリサイクル券、実印、住民票さらに印鑑証明書を用意しておきましょう。査定時にもこれらについてはチェックされるので、失くした時はもう一度発行して頂く事となります。

もし失くした際でも審査そのものはして頂くことは可能ですが、即日譲渡は出来ないため査定金額に悪影響が出ることになるでしょう。