所有車の下取りや買取の際には、間違いなく査定をやります。査定イコール、お客さんから下取・買取時にきっちりした見立てをするための処置であり、それにはたくさんの人から理解され、加えて受け入れられた段取りでないと良くないのです。とはいえ、消費者側からしますと、値踏みがどんな感じでおこなわれてるのかきちんと把握していなかったり、しっかりした段取りでやられているかは案外分かっておくことができなかったりもするものです。とはいえ、査定というのはユースドカーのバリューを確定させるとっても重大な方法である為、考え方やその方法に種々のものがあれば社会がパニックとなる要因にもなる可能性があります。

そういったパニックを発生しないようにするためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が存在し、中古自動車査定制度を設けているのです。

「日本自動車査定協会」呼ばれるものは、適切な査定が根を下ろすように取り組んでいる機関のことで、我々が安心して車を審査に出すことができ、しかも納得のいく結果になるような土台作りの活動をしています。

実際の内容的には、例を出すとちゃんとした査定士を輩出する為のテストを実行しており、査定協会が実行している学科及びスキル研修を受け、その後査定士技能検定試験に成功することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が受け取れます。さらに査定士として働く為には協会への登録が必須となり、健全な見識や決まり事をもって私たちの愛車の品定めをするのです。つまり適正な見積のための資格を有している者が鑑定をしますので、ユーザーも不安な思いをせずに買取とか下取に愛車を提出することが出来るわけなのです。