中古車買い取りにおけるプラス査定の条件にまず走行距離の程度が挙げられます。
中古車を購入する側は走行距離の少ない車を選ぶ傾向がありますので、あまり走っていない状態ですと価格が高くなることが多いのです。

大体3万キロ、5万キロ、7万キロ、10万キロという大きな区切りがあり、どこに当てはまるのかによって価値が違ってくることがあります。

ボディカラーによっても価値が違ってきますが、人気カラーの方が価値は高くなります。
人気のお色としてはブラックですとかホワイト、そしてシルバーといったところが定番であり、これらのカラーですと数万円の価格アップになることもあるのです。

また、その車のイメージカラーですと価格が上がることもあります。例えば宣伝されている車が赤だったりすると人気が高い為に価値が上がることも多いのです。

車検の有無も関係してきます。基本的に車検は長く残っているほど望ましいと言えます。
反対にあまり期間が残っていない場合ですと殆どプラス査定にはならないことがあるのです。
最低でも半年程度は残っていないとプラス査定にはならず、それ以下の場合ですと乗り潰してから中古車買い取りに出した方が良いこともあります。

装備類も大事ですが、純正品がしっかりと揃っているとプラス査定になり易いです。カスタムをされている車はあまり人気がない一面もあり、ノーマル状態の方が好まれることが多いのです。その為、純正品がしっかりと付属されていたり、ノーマル状態に戻してあると評価され易くなります。

買い取り査定なら
↓↓↓